ホワイトデーのお返しはセンスのいい義理スイーツを!女性が喜ぶ相場とは?

イベント

近頃はバレンタインチョコを配るのを禁止にする会社も増えてきましたが、それでも義理チョコをもらうことがあればホワイトデーのお返しは避けることはできません。

 

そんなホワイトデーが近づくにつれて

  • 何をお返しすれば良いんだろ?
  • 相場っていくらなの?
  • あまり予算はかけられないよ・・

と、悩みは膨らむばかりなのではないでしょうか。

 

せっかくお返しをするのなら「印象良く」万歳三唱はなくても、「失敗しない」ホワイトデー♪にすることができれば肩の荷も下りるのではないかと思います。

 

そこで、ホワイトデーをあなたの印象アップの機会とするべく、お返しをいただく女性側からのアドバイスをお届けいたします。

 

ホワイトデーのお返しは見た目で判断される

見た目なのか・・と、ガッカリしちゃいましたか?少しショッキングだったかも知れませんね。

けれど、これが現実なんです。

 

とはいえ、対策はありますからご安心下さい。

 

職場の先輩を始めとする女性陣はもちろん!取引先の女性であっても、必ず喜ばせることができる贈り物があります。

それは「ブランド物」です。

 

あっ!ブランド物と聞いて、ドキッとしましたね?!

ご安心ください。

 

高級バッグやアクセサリーをお返しにしてください。なんていうことは、ありませんから^ ^

 

では、どんな物を贈れば喜ばれるのか?といいますと、答えは簡単「スイーツ」です。

意外でしたか?

 

特にお仕事をしている女性は、流行に敏感な人が多いので、有名店のお菓子というだけで掴みはOKです!

 

オススメ有名店ベスト5

ご参考までに、オススメの有名店ベスト5をご紹介します。

 

ヴィタメール

開店以来、ベルギー王室や上流階級の方々に愛され続けているヴィタメール。

 

ヴィタメールジャポンでは、伝統あるベルギーチョコレートはもちろんですが、日本ならではの季節感や味覚に合わせた、オリジナルチョコレートも提供しています。

公式ページ:https://www.wittamer.jp/

 

デメル

1786年誕生したデメル。ウィーンの王宮と繋がりが深く、伝統のお菓子は今も世界中で愛されています。

デメルは箱や包装紙も人気があり、小物入れに利用する人も多いようです。

公式ページ:http://www.demel.co.jp/

 

メサージュドローズ

1989年の創業、薔薇をモチーフにした職人技が光る、美しすぎるチョコレート専門店。

贈り物にも最適で、食べてしまうのがもったいない!と

女性に人気の高いブランドです。

公式ページ:http://www.mesrose.com/

 

ピエール・エルメ

21世紀のパティスリー界を先導する第一人者と言われるピエール・エルメ。

創造性あふれるお菓子作りをする彼はピカソと称賛され、世界中のスイーツファンから絶賛を浴びているブランドです。

公式ページ:https://www.pierreherme.co.jp/

 

ゴディバ

1926年ベルギーから誕生し言わずと知れた人気ブランド。

高い技術性とこだわりから作られたチョコレートは、季節ごとに変わるパッケージに詰め込まれ世界中を魅了しています。

公式ページ:http://www.godiva.co.jp/

 

ホワイトデーのお返しはセンスのいい義理スイーツ

義理チョコのお返しというと「マシュマロ」「キャンディ」「クッキー」が思い浮かべるかと思います。

 

確かに、ホワイトデーには定番のスイーツですし可愛くてお手軽なイメージなのでお返しに選びがちなのですが、あまり向いていないというのが本当のところです。

 

不思議に思うかもしれませんが、定番のスイーツには「スキ」や「キライ」など、相手へのメッセージが隠されているんです。

 

これが、本命なら問題は無いと思います。

でも・・・

 

義理チョコのお返しを贈る相手が、隠されたメッセージを知っていたとしたらどうでしょう?

へたに誤解をされても、大変なのではないでしょうか。

 

ということで、誰にでも喜ばれる有名店のスイーツを、大きくオススメいたします!

 

さらに、お返しにスイーツをお勧めするのはこんな理由もあります。

ke-ki

 

お返しには、「実用的で普段使いができる物が良いかな?」と気を利かせて、形に残る物をえらぶ男性もいらっしゃるのですが・・・

 

既婚女性や彼氏さんがいる女性から見ると逆に、気遣いができていないと思われる可能性があります。

なぜか?というと、モノが残るから!です。

 

義理チョコのお返しであれば、形として残らない物の方がいいという事も、頭の片隅に置いておくといいと思います。

 

では結局、何をお返しにすれば良いの?と悩んでしまいそうですがチョコレートにチョコレートでお返しをしてもOKですし、ケーキでもOKです。

 

後は、お返し選びのちょっとしたポイントを押さえるだけで、失敗しないホワイトデーにすることができます。

 

失敗しないバレンタインのお返しの選び方3つのポイント

さて、お返し選びの悩みからあなたを解放するポイントは、

  1. もらった義理チョコは、有名店か否か
  2. オシャレに見せたいのか、普通で良いのか
  3. どんな相手に渡すのか

この3つです!

順番に説明していきますね^^

 

ポイント1

有名店の義理チョコだった場合

貰ったブランドチョコレートと被らないように別の有名店のスイーツを選べば喜ばれます。

 

有名店ではない義理チョコの場合

ブランドにこだわらず、見た目が可愛いスイーツや華やかさを重視して選ぶと、バランスのとれたお返しになります。

 

ポイント2

オシャレなお返しにしたい場合

ケーキをお返しにすると、豪華で華やかに見えますのでオシャレな印象を残すことができます。

 ※ケーキは日持ちしませんので、ご注意下さい。

 

普通のお返しにしたい場合

手軽に味わえるチョコレートは喜ばれます。

4粒入りほどのチョコレートなら、個別のお返しにも向いています。

 

ポイント3

渡すお相手が同じ会社の女性

あえてオシャレを狙って、ケーキはいかがでしょうか?

ですが、会社の環境に向いていない場合は、有名店のチョコレートなら喜ばれます。

 

渡すお相手が取引先の場合

取引先の場合には、個別包装されているスイーツを選べば、部署の方々に対してもお配りできるので、喜ばれやすくなります。

また、のしを付ければ、爽やかな印象を残す事もできます。

 

もし、お返しが決まったとしても、スイーツに詳しくない場合や、有名店が解らないという場合は

百貨店へ足を運んでみて下さい。

 

必ず話題のお店が入っていますので、失敗はありません。

 

ホワイトデー義理チョコのお返しの相場

義理チョコを貰った個数が多いと、お返しへのご予算もバカにならないかと思います。

 

お返しの相場は、いただいた金額に対して「1.5倍~2倍」ほどと言われています。近年の平均金額は、1,000円~2,000円程となっています。

 

有名店のチョコレートは、千円で3粒~4粒ほどが多いのですが、予算とスイーツの見た目を比較して選んでみて下さい。

 

同じ会社の女性へお返しをする場合は、男性陣で出しあうと負担を減らすこともできます。

 

ここで特別な情報をひとつ!

オシャレで豪華なチョコを安く手に入れたいとしたら、「モロゾフ」と「リーガロイヤルホテル」で決まりです☆

1個500円~800円と、お財布にも優しい価格で購入することができます。

 

お返しばかりに気をとられて、本命さんがいる場合は忘れないようにご注意下さい^^

 

コメント