ホワイトデーお返しに本命彼女へ値段はいくらの物?喜ばれる渡し方!

イベント

ホワイトデーの相手が本命の彼女なら、彼氏としては喜んで欲しい気持ちでいっぱいかと思います。

 

付き合ってから半年未満だとか、実は初めてできた彼女へのホワイトデーという場合には、彼女が喜ぶお返しって、まだよくわからないかと思います。

 

そこで、彼女がプレゼントされて嬉しい商品や、たとえ予算が苦しくてもちょっとした事で喜んでもらえるプレゼントの渡し方を、女性の目線からお伝えしたいと思います。

 

義理チョコの職場へのお返しは「ホワイトデーのお返しはセンスのいいアレを!女性が喜ぶ相場とは?」をどうぞ。

 

ホワイトデー本命の彼女は満足する金額がある

ホワイトデーにお返しをする金額は、ひと昔前なら「3倍返し」といわれていましたが

最近では1.5倍~2倍ほどと言われています。

 

ところが、あるアンケート調査の結果では彼女が納得できて満足するお返しの金額というのが「5千円~3万円」という回答が圧倒的なのです。

 

そこにはちゃんとした理由がありまして、彼女の立場として貰って喜ぶ商品がダントツで「アクセサリー」だからです。55a1a1e41898e9a571037364b3b79ad7_m

 

女性にとって彼氏からアクセサリーを貰うことは、ちょっとしたステータスであったり、喜びや憧れなんですね。

 

ただアクセサリーなら何でも良い訳ではないのが、女心の難しさと言えるところでしょう。

 

いくら好きな彼氏から貰った物でも、彼女が「身につけたい」と思えないなら半分失敗したようなものです。

 

あなたがプレゼントした物をいつも彼女に身につけて欲しいなら、まずは女性に人気のブランドを抑えてみて下さい。

 

女性に人気のブランドと予算

いくら彼女が喜ぶと言っても、予算にも限界がありますよね。

 

アクセサリーというだけで、お値段が上がってしまうのが悩み所かと思います。

ブランドと言ってもたくさんありますし、アイテムによっては、リーズナブルな物もありますので参考にしてみてください。

 

【agate(アガット)】

百貨店にも入っていてOLさんを中心に人気ブランドとなっています。

 

ピンキーリングなら「1万1千円」ほどから、ピアスなら「1万6千円」ほどからとリーズナブルにお返しができます。

ネックレスなら「2万3千円」ほどから揃っています。

 

【AHKAH(アーカー)】

繊細なデザインが揃い芸能人の愛用者も多く幅広い女性から人気のあるブランドです。

 

ピアスやブレスレットなら「2万円前後」から可愛いものがたくさん揃っています。

ネックレスなら「3万円前後」からとなりますが女性らしいデザインで人気があるのが納得です。

 

【4℃(ヨンドシー)】

アクセサリーと言えば安定した人気ブランドになります。20代女性から社会人まで幅広い女性から支持されているブランドです。

 

ピアスなら「1万円以下」から揃っています。デザインも可愛くリーズナブルかと。

ブレスレットは「1万円~」女性が好むのデザインが揃っています。

 

【ティファニー】

どの年代の女性も男性からプレゼントされたい人気ブランドです。

ネックレスなら「2万円前後」から揃っていますし、指輪も「2万円代」でプレゼントする事も可能です。

 

 

もし、彼女の好みがイマイチ不明だったとしても、人気ブランドのアクセサリーならかなり心を掴む事が可能です。

 

注意点として、

ピアスをお返しに選ぶなら彼女がピアスを使っているのかを確認して下さいね。

あなたが何か特別な日にしたくて指輪のプレゼントを考えている場合は、

必ずサイズをはかっておきましょう。

 

ホワイトデーに彼女を喜ばせるプレゼントの渡し方

彼女が喜んでくれそうなブランドのアクセサリーを用意できたとしても、ただ渡すだけだと味気なく雰囲気がありません。

 

ちょっとした工夫をすれば彼女の喜びグラフも上がり、あなたの株を上げる事も可能なので参考にしてみて下さい。

 

プレゼントを渡すときには、

なぜこの商品を選んだのか理由を伝えることで彼女を納得させその気にさせることもできます。

 

その時は間違っても「お金が無かったから」なんて言わないで下さい。

ただ一言「君に似合うと思って選んだんだ」と素直に伝えればOKです。

 

さらにもう一工夫をして言葉を添えるなら、

「君の可愛い雰囲気ならコレかなって思ったんだ。」

「君の綺麗な顔立ちならコレかなと思って選んだんだ。」と言うように、

 

さり気なく彼女の良い部分に似合うと褒めながら気持ちと一緒にプレゼントを渡せば、

彼女もまんざらでも無く笑顔で喜んでくれるかと思います。

 

言葉をそえる時は恥ずかしいかも知れませんが、せっかく気持ちを伝えることができる日なので彼女の笑顔を見るために、甘い言葉も添えてみて下さい。

 

コメント