別人メイクのやり方!詐欺レベルに可愛く変身できるコツ

ヘア・メイク

どれだけコンプレックスを抱えていても、メイク1つで、別人に見違えるほど変身できれば、とても自信が持てるようになります。

 

実をいうと私は・・・少し離れた小さい目をしていまして、また奥二重がコンプレックスに感じています。

そのため普段から、詐欺のような別人メイクを取り入れています。

 

メイク1つで、コンプレックスを隠せて、見た目は別人のように可愛くなれるなんて、女性ならではの特権だと思います♪

 

ということで、別人のように可愛くなれるメイクのやり方を、アイテムを合わせてまとめてみました。

また、悩み別にメイク方法がよくわかる、おすすめの動画も紹介します。

 

 

別人メイクはベースとシャドウで作る

肌荒れや、そばかすなどの肌でも、骨格にコンプレックスを感じていても、ベースメイクで別人レベルになれてしまいます。

 

美人に可愛く見せるためには、まずはベースメイクからになりますので、テクニックを覚えてしまいましょう!

 

(1)肌質を整えるベース作り

肌のデコボコが気になる、毛穴が気になるという場合は、化粧下地でしっかりと肌を整えていきましょう。

小さな小じわなども埋めていけますので、若返りメイクとしても、役立ちます。

 

(2)肌色をキレイに見せるベース作り

化粧下地だけで、毛穴やシミまでキレイに隠してくれるますが、クマニキビ跡までしっかり隠したい場合や、そばかすなどもキレイに隠したいときは、コンシーラーが便利です。

 

気になる部分にコンシーラーをのせ、指の腹の部分で、トントンと叩くようになじませるのがコツです。

私の場合は、クマとニキビ跡とほうれい線までごまかせる、プチプラのコンシーラーを愛用しています。

 

肌質や、肌色が整えば、ファンデーションでしっかりとカバーしていきます。

しかし、骨格がコンプレックスだったり、堀の深い顔立ちに憧れるなら、影を使って別人に仕上げていきましょう♪

 

(3)ハイライトとシェーディングで別人レベルになる

頬骨が気になる、エラが気になる、逆に凹凸がなくのっぺりしているなど、骨の出っ張り具合で、見た目の印象ってすごく変わりますよね。

私の場合は、鼻ぺちゃで、のっぺりしているので、堀の深い顔立ちの外人さんに、すごく憧れます。

 

顔立ちにコンプレックスを抱える人は多いと思うのですが、そんな骨の作りから、別人レベルにしてくれるのが「ハイライトとシェーディング」になります。

 

まず、気になる出っ張りに影をつけることで、目立たなくしてくれます。

逆に、鼻筋を出したい・目元を深く見せたいときは、影を入れることで深みを出し、ハイライトを乗せて、見せたい部分を浮き出させて見せてくれます。

 

鼻筋を作る基本は、眉頭から、小鼻の脇までスーッと影を入れます。

次に、眉間から鼻の頭まで、ハイライトをサッと入れます。すると、鼻筋が通って高く見えるようになります。

出典:http://www.kanebo-cosmetics.co.jp/products/2024858

2色セットになっているものが使いやすく便利です。ケイトはお手頃値段で使いやすいので愛用しています^^

 

 

ベース作りができましたら、次は、顔のパーツを作っていきましょう!

誰でも簡単に可愛く変身できるコツは、アイメイクになります。

 

 

別人になれるアイメイクのやり方

目元というのは、その人の印象を強く与えてしまう部分になります。

 

視力が低めで奥二重の私は、目つきが悪いとよく言われていました。表情も暗く見えるようで、誤解を与える印象だったんです。

だけど、別人メイクをすることで、顔の表情が明るくなり、年齢よりも若く見られることも多くなりました♪

 

別人メイクって、凄いです!

では、さっそく、別人レベルに可愛くなれる目元の作り方を説明していきます。

 

(1)二重をしっかり作り込む

小さい目だとしても、二重を作ることで、大きな目になることができます!

 

二重幅をしっかりと作ることで、かなり印象が変わりますので、ぜひ別人メイクに取り入れてみて下さい。

 

二重にするアイテムと言えば、「アイプチ」「アイテープ」のどちらかと思いますが、頑固な一重まぶたさんは、メザイクなどの、しっかりとしたアイテープがオススメです。

 

肌色タイプの絆創膏を、細くカットして、二重テープにしている女性も多くいます。

アイテープなら、自分の目のサイズに合わせて使えます。ぜひテープで二重にしてみて下さい!

 

(2)デカ目作りに必須のつけまつ毛

二重にすることで、目の縦幅が出てきて大きく見せることができますが、つけまつ毛を使うことで、さらにデカ目にすることが可能です。

 

目の縦幅を出したい場合は、真ん中のまつ毛が長いタイプを、横幅を広く見せたい場合は、目尻のまつ毛が長いタイプを使ってみて下さい。

 

頑固な一重さんなら、芯が強めのつけまつ毛を使用することで、二重のキープ力が高まります。

自まつげと、つけまつ毛をマスカラでなじませることで、自然に見せることができます。

 

(3)アイライナーで自然に目ヂカラアップ

つけまつ毛をより自然に見せるために、また、パッチリとしたデカ目を作るために、アイライナーを使います。

リキッドタイプなら、くっきりと線を引けますので、ペンシルよりオススメです。

 

目元に深みを持たせるために、ブラウン系のアイシャドウが使いやすいと思います。

まぶたには明るめのシャドウでくすみを消して、ブラウン系のアイシャドウで、引き締めとデカ目で、かなりメリハリが出てきます♪

 

下まぶたの、目尻の外側に、影をいれたり、ラインをいれると、さらに大きな目にみせることができます。

 

(4)涙袋メイクでモテ顔になろう

ぷっくりと、ツヤっぽい涙袋があるだけで、すごく可愛く見せることができますので、涙袋メイクもぜひ、取り入れて下さい!

別名ホルモンタンクとも呼ばれる涙袋は、簡単に作ることができます。

 

明るめのアイシャドウを、下まぶたにスーッとのせるだけです。

立体的に見せたい時は、明るいブラウンのアイペンシルなどで、線を少しだけ引きます。その内側に、明るめのシャドウをのせると、ぷっくりした涙袋が完成します。

 

私の場合は、その日の服装やイメージに合わせて、涙袋に使うシャドウの色を変えています。

  • 幼く見せる時は、白に近い色
  • 落ち着きを出したいときは、シャンパンゴールドなど、少しイエロー系
  • 血色をよく見せたい時は、ピンクベージュ

塗りすぎは注意で、自然に見えるように色を調節して下さいね。

 

(5)目の幅を広げる切開メイク

目が離れている、または目が小さい人は、切開メイクもオススメです。

目頭の内側までアイライナーを入れることで、目を内側よりに見せる効果があります♪

 

もっと横幅を出したいときは、目頭にほんの少しだけ線を入れます。リキッドタイプならよりキリッとした印象になります。

ただし、あまり目頭に線を入れると、クレオパトラのようになりますので、少しずつ様子をみながら調整をしましょう。

【別人アイメイクのまとめ】

  • アイテープを使い、二重まぶたにすることで目を大きくできる。
  • つけまつ毛を使うことで、目の幅を広げることができる。
  • アイライナーとアイシャドウでより深い目元にする。
  • 明るめのアイシャドウで涙袋を作る。
  • 目頭の切開メイクで、目の幅を調整する。

 

別人メイクのやり方がよくわかる動画おすすめ

別人メイクを覚えるなら、動画を見るのが一番わかりやすいと思います。

私も個人的に、参考にさせて頂いているのですが、悩み別に合わせて、わかりやすい動画をご紹介したいと思います。

 

 

キレイなベースメイクで別人になる方法がよくわかります。

プチプラコスメの「ちふれ」だけでメイクしてくれているのも、とても参考になります。

 

しっかりとした二重まぶたにするなら、アイテープを使うと良いのですが、色んなアイテープを使い比べてくれている動画をご紹介します。

テープの貼り方もよくわかる動画です。

 

別人メイクの効果がよーくわかる、色んな意味で衝撃的な動画のご紹介です。

この動画が、一番のおすすめになっています^^

 

おわりに

実際に、私も取り入れてる方法も交えて、別人メイクのやり方をまとめてみましたが、いかがでしたか?

 

メイク1つで、ガラッと印象を変えることができるお化粧は、すごく楽しいなと思います。

 

つけまつ毛や、二重テープなどは、高価なメイク用品を使わなくても、100均などのアイテムでも十分に使えます。

また、ヘアースタイルも変えることで、さらに顔立ちの印象を変えることができますので、色々と試してみて下さい。

 

 

コメント