花の写真の撮り方!スマホでもプロっぽい写真が撮れる簡単テクニック!

雑学

キレイな花を見たときや、素敵だな~と思った景色は、スマホがあればすぐに撮影することができます。

でも撮影したあとの画像を見ると、何だかいまいちだな・・・。

なんてことありませんか?

 

プロっぽい素敵な写真が撮りたい!けど、いつも失敗してしまう人は、とくに花の撮影がオススメです。

花は比較的、誰が撮影しても綺麗に見えるんです。そして、動かないので被写体としては撮りやすいので練習にもピッタリ!

 

行楽シーズンは写真を写す機会が増えますし、上手に写真が撮れる方法をご紹介します!

 

ちょっとした簡単なテクニックを使えば、デジカメでもスマホでもプロっぽい写真が撮れますよ♪

 

構成を考えてフレームに入れてみる

思いつきでも良いので、写真にテーマをつけてみましょう。

モチーフを考え、写真を見た人に何を伝えたいのか、ちょっとした物語を作ってから写真にすることです。

 

タイトルでも良いと思います。

無題の写真を撮るよりも、簡単にテーマやタイトルをつけると、不思議なことに被写体への印象も変わって見えてきます。

 

今回の主役は、花になります。花にタイトルをつけたり簡単なテーマが決まれば、次は構図を見ていきます。

 

主役の花の位置を考える

物を美しく見せるには決まりがあります。それが、構図です。

構成の仕方は色々あるのですが、今回は花を撮るために必要なものをご紹介します。

 

被写体を真ん中に持ってくる。

物を美しく見せる一つ目の構図は、日の丸です。

真ん中に被写体を持ってくる方法になります。

 

この真ん中に被写体を置くのは古い手法になり、記念写真や家族写真なんかに使われます。

昔からのど定番な撮影方法になりますので失敗はありません。

 

でも私は必要がない限り、この方法は出来るだけ避けてます。

なぜなら、被写体をちょとずらした方がもっと深みがでてきて、オシャレに見えるからです。

 

三分割の構図を撮る

 

写真を縦と横に三等分することです。

そうすると、均等に入る縦と横に2つの線と、4つの交点ができます。

 

そこに被写体、この場合は花をもってくるのです。どの線、どの交点を使っても大丈夫です。

 

そうすると、花のほかに空間が作り出され、見る者を想像させます。

スマートフォンやデジカメでは、カメラの設定でグリッド線という、三分割に線を入れる機能があります。

 

リーディングラインをイメージする

学生の頃、立体図を描くときに線を書くことを練習していましたが、その立体線を写真にも取り入れて奥行きを出してみる方法です。

 

斜めの線、上中央で三角形型に交わっている線などですね。

斜めの線にそって被写体をのせると、奥行きを感じる写真が取りやすくなります。

 

色々な角度で撮ってみる

しゃがんで下から撮った写真になります。

下から・上から・横から・斜めから・遠くから・近くから。

被写体をとる位置や角度を色々と変えてみてください。

 

アングルを意識して撮影するときは、ズームは使わないでください。

 

ズームを使うと、写真画像の質がおちるからです。

出来ればお花にグッと、自分が近づいちゃいましょう。

 

光をみる

↑花に露出を合わせたとき。

 

↑バックグラウンドに露出を合わせたとき

 

↑逆光

 

花を撮影するとき、光の調整を明るくしすぎると色が飛びすぎて白い画像になります。

フラッシュを使うと、ベタッとした写真になったり、逆光だと花自体が真っ暗になったりしませんか?

 

これは、光の使い方を間違っているのが原因です。

花の写真をキレイに撮影するコツは、どこの色を出したいのかを先に決めておきます。

 

スマートフォンやデジカメには露出補正の機能があります。

ソフトによって色を出したいときに、被写体をクリックして、露出を補正してくれるものもありますので、使ってみましょう。

 

フォーカス機能を使う

写真を撮る前にはピントをしっかり合わせておきましょう!

 

もちろん、今はオート機能があるからピントを間違えることなんてないよ!って思ってる方いますよね。

 

その通りです!

でも、オート機能というのは、絶対にピントがずれないように、出来るだけ全てにフォーカスが合うよにしてます。

 

つまり、後ろの物にもピントが行くようにしています。

それだけでも十分にキレイに撮影はできますが、プロっぽく写真を仕上げるなら、フォーカス機能を使ってみましょう。

 

フォーカス機能を使うと、被写体がくっきりしていて後ろの物をぼかすことができます。

「えっ!これスマホやデジカメで撮った写真?」と疑いそうなカッコイイ写真が撮影できます。

 

スマホは機種にもよりますが、フォーカスのバーをスライドして調節できます。デジカメなら、花のマークを使ってください。

 

まとめ

スマホやデジカメでも、花の写真を一眼レフで撮ったみたいに見せるには、3つの機能を使うと簡単です。

 

  • グリッド線を使って、日の丸の写真を避ける。
  • 露出補正の機能を使う。
  • フォーカス機能を使う。

 

今のスマホの写真機能はすごく性能が良いですし、プロっぽくカッコイイ綺麗な写真にするなら、機能を活用してみて下さい。

 

コメント