共働きの主婦はご飯を作りたくないって言いたい!楽にする工夫!

生活

夫婦共働き家庭でも、家事の負担はけっこうあると思うのですが、子育て中の主婦だとなおさらシンドイと思うことが増えます。

 

とくに、毎日必要なご飯の支度。

仕事でクタクタになっている中、夕飯のしたくはかなりハードですよね。

 

私も、子供がまだ小さく手がかかる時期に、共働き生活を送っていました。

 

朝8時には家を出て仕事に行き、帰ってくるのは7時すぎ。

速攻で子供をお風呂に入れても夜の8時半ぐらいにはなります。そこから食事の準備をして、いざ食べる時は夜の10時頃・・・。

毎日そのような生活をしていました。

 

限られた時間の中で一生懸命に作った夕飯を、子供は食べなかったり、夫からは味付けに文句を言われたりすると、モチベーションが下がってしまいます。

 

また、忙しいと簡単にできる似たようなメニューになってしまうことも増えて「今日もこのメニュー?」などと指摘されてしまうことも……。

 

もうね毎日ため息が増えてしまうし、なんだか切ないです。

共働きで子育て中の主婦は大変なんです。ご飯なんて作りたくないって思っても何もおかしくありません。

 

そこで、昔の私がやっていた楽になる方法をまとめてみました。

 

時短で手抜きできる料理を覚える

忙しい主婦ですから、時短や手抜きできることはジャンジャンしてもOKです。

毎日のご飯の支度を手抜きするコツをご紹介します。

 

時短料理に便利!ストックしておく

パスタ・そうめんなどの乾麺は、常備しておくとすごく便利ですよ!

とくに冷凍うどんはオススメです。

 

うどん1玉なら、レンジで3分半(500w)チンってすれば、そのままぶっかけうどんにもできますし、焼きうどんにも調理できます。

早く調理できるので急ぎの日にお助け食材になります♪

 

次にストックしておくと便利な食材は、お肉お魚です。休日や安売りのときにまとめ買いをして、ササッと数日分に分けて冷凍庫にストックです。

 

非常食にもなる、缶詰レトルトも常備しておきたいですね。

魚の缶詰はもちろん、ホールトマトやソーズ系の缶詰やレトルトも時短料理にピッタリです。

 

ご飯は多めに炊いておき、茶碗一膳分ずつ冷凍しておくと、クタクタな日は炊かなくても大丈夫になります。

解凍すればホカホカなご飯になりますし、焼き飯やピラフなどサッと作ることも可能です♪

 

手抜き料理なら惣菜を利用する

揚げ物系のおかずは、惣菜にかぎります。

コロッケ・メンチカツ・天ぷらなどは、仕事が終わってから作るにはハードルが高すぎます。

 

サラダやお味噌汁は自分でサクッと作って、あとはお皿にちゃんと移して温めれば味気なさは感じません。

へたに急いで自分でご飯を用意するよりも、美味しく食べれます。

 

お家のお皿や器を使えば手料理な感じがでます。私の場合ですが、旦那さんも嫌な気はしなかったようです。

 

鍋や煮込み料理を活用する

冬場なら、1人用の土鍋に切った野菜と肉を突っ込み、あとは煮るだけの水炊きにして出すこともありました。

 

寒くない季節なら、すき焼き風の鍋も意外と楽です。

あまっている野菜をざく切りにして、100均のすき焼き鍋にお肉と野菜を突っ込み煮込んで出すだけです。

 

切って炒めて煮るだけの料理は、適当にしてても美味しく出来上がるものが多いので、時短にもなるしオススメです。

 

便利な物やサービスを利用する

共働きで子育中の主婦が、ご飯なんて作りたくない!という気持ちになる原因は、毎日が忙しすぎるんですよね。

あれもこれもしなくちゃ!って時間に追われる毎日だからすごく負担になってきます。

 

そんなときこそ、気持ちにゆとりができる便利な物やサービスを使ってみて下さい。

 

食洗機

食事って、バタバタと準備から始まり、子供に食べさせ、そして後片付けという順番になります。

 

この、食後の片付けだけでも道具に頼れば、すごく気持ちに余裕ができます。

 

例えば、朝の食後の後片付けを食洗機にかけておけば、その間に着替えをすませたり、いつもより丁寧にメイクもできたりします。

さらに、仕事から帰ってきた夜は、すぐに料理を作り始めることもできます。

 

今まで、自分で片付けもしなくちゃ…って思っていましたが、そんなルールなんて無いんですよね。

使える物は使ったほうがお得です♪

宅配サービス

私は料理が苦手でしたので、食事のメニューを考えるのが苦痛でした。また、仕事をしていると、スーパーに行く時間も少ししかありません。

 

そこで私は、ご飯のメニューが決まってて、作る材料も揃っていて、家まで荷物を届けてくれる便利すぎるサービスを利用することにしました。

 

料理が苦手な私にとって、メニューは選ぶだけで、必要な食材も揃えてくれてる状態が本当に助かりました。

 

買い物に行く手間もはぶけますし、栄養バランスも安心ですし、週に2日くらいなら食費の負担も気にならないです。

 

最近は、天候の影響から野菜が高騰していることも多いので、逆に宅配を使ったほうが、色んな料理を安く食べれる場合もあります♪

 

忙しい主婦こそ、便利なサービスを活用して欲しいと思います。


今なら、お試し価格で3食分まで食べれます♪

 

スケジュールを工夫してみる

共働きで忙しい主婦をしているなら、スケジュールを工夫してみると良いですよ。

 

朝活をして朝食準備のついでに夕飯も

朝、すこし早起きをして時間活用する方法です。

 

朝ご飯やお弁当の準備をしているついでに、夜ご飯の下準備もしておきます。

使う野菜が決まっているなら、切って冷蔵庫に入れておくだけでも、忙しい夜には助かりますよ。

 

逆もあります。

夜ご飯のときに、お弁当や朝ごはんの準備をしておくだけでも、次の日はすごく楽になります。

 

休日にまとめて下ごしらえ

まとめ買いをして保存するのと関連してきますが、煮物料理なんかは大量に作っておいて、数日分に分けてジップロックしておけば、本当に便利です。

 

冷凍庫に何かしらストックがあると、何より気持ち的にすごく楽になります。

 

まとめ

共働きの主婦は忙しすぎるし、ご飯を作りたくないって言いたい気持ちはすごくわかります。

 

もう嫌だ!って悩んだときは、ちょっと手抜きをして楽に主婦業をする方法を試してみて下さい。

 

私は、オール惣菜の日やお弁当を買ったりして、定期的にご飯を作らないこともありましたよ^^;

このまとめがお役に立てれば幸いです。

 

コメント