パントエア菌LPSの効果とは?摂取方法とは?

健康と美容

パントエア菌LPS(リポポリサッカライド)なるものが、

何やらスゴイ効果があるらしいと、研究や開発が進んでいます。

 

免疫細胞(マクロファージ)を高める効果が高く、

特に注目をされている部分は「LPS(リポポリサッカライド)」と呼ばれる物なのですが、

 

いったいどんな効果があるのか?

摂取方法はどうすれば良いのか?

 

疑問がたくさん出てきたので、

パントエア菌LPS(リポポリサッカライド)について調べてみました!

 

 

リポポリサッカライドとは、いったい何?

「リポポリサッカライド」とは、英語での呼び方となっていまして

略して「LPS」と呼ばれています。

日本語では「リポ多糖」や「糖脂質」と呼ばれています。

 

この「LPS(リポポリサッカライド)」と言うのは、

「グラム陰性菌」というものだけにくっついている成分となります。

 

あまり聞き慣れない「グラム陰性菌」と言うのは、

グラム染色という方法で、陽性と陰性に区別された細菌になります。

 

代表的なグラム陰性菌には大腸菌などがあるのですが、

話題になっている「グラム陰性菌」は、「パントエア菌」「LPS」になります。

 

また、グラム陰性菌はLPSが無いと生きることができず

「LPS(リポポリサッカライド)」は、「グラム陰性菌」にしかありません。

 

このグラム陰性菌である、「パントエア菌LPS(リポポリサッカライド)」

細菌という事で、安全なのか?ちょっと気になる所ですが・・・

 

大丈夫ですよ^^

 

パントエア菌LPS(リポポリサッカライド)の安全性は?

グラム陰性菌を調べてみると、怖い名前が出てくるのですが、

免疫力を上げる効果があるとされるのはパントエア菌LPSとなります。

 

実は、無意識のうちに誰でも口にしている菌だったんです。

 

穀物や野菜と共生している菌なので、土壌や空気中などに多く存在をしています。

なので普段から誰でも、自然に呼吸しながら体内に取り入れている菌になります。

 

例えば、パンを発酵させる際に、葉酸を増やして手助けをしている菌でもあり、

ごくごく普通に、多くの食事と一緒に摂取している「グラム陰性菌」となります。

 

パントエア菌LPS(リポポリサッカライド)は、体内で作る事ができない為、

呼吸や食事から取り入れていて、免疫細胞(マクロファージ)を活性化させてきた

大事な菌と言えます。

 

けれど、この免疫細胞(マクロファージ)は、

加齢やストレスが原因で、免疫細胞も元気がなくなってきます。

その為に、積極的に取り入れるのが良いと紹介されています。

 

 

パントエア菌LPS(リポポリサッカライド)の効果

免疫細胞(マクロファージ)は、体内に侵入してきた悪い物質を

キレイに食べて排除してくれます。

 

免疫細胞なので、体内の臓器・皮膚・筋肉と、

あらゆる所に存在していて、日々健康を守ってくれています。

 

ですが不規則な生活・ストレス・加齢などによって

免疫細胞(マクロファージ)は元気がなくなってしまい、

抵抗力や自然治癒力の効果が落ちてきます。

 

健康を守ってくれている、その免疫細胞を元気にする物質というのが

パントエア菌LPS(リポポリサッカライド)と言うことなんです。

 

パントエア菌LPS(リポポリサッカライド)を積極的に取り入れることで、

  • インフルエンザの予防
  • アレルギー(アトピー・花粉症)制御
  • 糖尿病予防
  • 骨粗しょう症予防
  • ガン予防
  • 美肌効果

1983年に免疫機能の研究をスタートしてから

現代病と呼ばれるものに効果がもてる、夢のような物質だと解明されています。

 

 

LPS(リポポリサッカライド)が含まれる効果的な食品

世界一受けたい授業に出演されていた、香川大学客員教授薬学博士 杣源一郎 氏は、

おすすめの食材と、摂取方法をご紹介してくれています。

 

LPS(リポポリサッカライド)多く含む食品

ベスト3をご紹介しますね★

 

 

3位:れんこん

9de7d24f06e0bdc2389fd293551ad404_s

土の中で育つれんこんには、皮や節のあたりに

LPS(リポポリサッカライド)が多くふくまれています。

火を通しても大丈夫なので、いつも通りにお料理をすればOKです。

 

 

2位:めかぶ

89c0975cf7f59951ecb821b2b13ca18a_s

海苔やワカメにもLPS(リポポリサッカライド)は含まれすが、

そのままの素材を食べれる海藻の中では、めかぶ一番良いそうです。

 

 

1位:玄米

a5ad659265b900a2bd90afa3f19af0d9_s

「ぬか」の部分に多くLPS(リポポリサッカライド)が含まれている玄米は

1膳で、1日に必要なLPS(リポポリサッカライド)の半分を摂取する事ができます。

 

玄米に一番LPS(リポポリサッカライド)が含まれているのですが、

胃腸の具合が良くない場合や、玄米が苦手な時には

代わりになる食べ物もありますよ★

 

 

玄米よりも効果的かも!?

【十割蕎麦】

295e21ff6e93e1c6e47dfb49a37d4021_s

100%蕎麦粉なら、玄米と同じ量のLPS(リポポリサッカライド)が摂取できます。
>>「十割乾麺 200g×10袋-信州そば蕎麦(お徳用ボックス10%OFF)]【2セット以上で送料無料】本十割そば

 

玄米1膳で、1日に必要な半分のLPS(リポポリサッカライド)を補えることに対して、

十割蕎麦なら、「めかぶ・なめこ・とろろ・すりおろしれんこん」をトッピングすれば、

1日分のLPS(リポポリサッカライド)を摂取する事ができます。

 

また、お蕎麦を湯がいた時にできる「そば湯」も、

体に良いので一緒に頂いて下さい。

 

LPS(リポポリサッカライド)を含む食べ物とヨーグルトを合わせることで、

もっと効果的に免疫細胞を元気にする事ができます。

 

 

食べ過ぎて悪い事はないLPS(リポポリサッカライド)

子供のうちから、LPS(リポポリサッカライド)を摂取していれば

免疫力が高くなると言われています。

 

玄米に限っては、消化に悪いのでよく噛んで食べると言う注意は必要ですが、

LPS(リポポリサッカライド)は加熱しても効果は変わりませんので、

積極的に取り入れて行きたいですね。

 

また風邪をひいた時には、

意識をしてLPS(リポポリサッカライド)を取っているのが良いそうです。

 

病院で処方される抗生物質では、必要な菌までやられちゃうので

免疫力を上げるために、食事からLPS(リポポリサッカライド)を補給すると良いそうですよ。

 

 

 

健康には体内から免疫細胞を元気にする事ができますが、

お肌の改善には、お肌に直接塗るのが効果的なようです。

 

美容にも良いとされるLPS(リポポリサッカライド)

40代からの肌くすみを手軽に解消するにはLPSが効果的!?」で、お話しています★

 

 

コメント