衣替えの収納にピッタリなたたみ方!かさばる冬物をスッキリ!

片付け・収納

衣替えの時期になると、毎シーズン衣類が増えていることがあり、収納の仕方に悩みます。

また、家族の分を入れ替えることもあるので、けっこうな手間になり時間もかかるんですよね。

 

とくに冬物の衣類は、かさばるので、私は苦手です。

できれば、サッとおわらせたいですし、ギュウギュウ押し込むのではなく、綺麗に収納したいものです。

 

もちろん、次のシーズンに気持ちよく着れるように、ダニやカビがつかないように、収納しなければいけません。

 

ということで今回は、衣替えの収納の仕方や、たたみ方について、写真付きでご紹介します。

 

 

衣替えの収納をキレイにするコツ

衣替えの衣類を、スッキリと収納するには、いくつかのポイントがあります。

 

着れなくなった服は処分しましょう

着れなくなった衣服は、思い切って処分をしてしまいましょう。

とはいえ、ポイポイ捨ててしまうのは、もったいない気持ちもあり、なかなか捨てれない私です。

 

ですが、子供服の場合は、成長が早いのですぐに着れなくなります。また、流行もありますので、流行りが過ぎてしまうと、もう着れないという事もあります。

 

目安として3年以上は着ていない洋服があれば、リサイクルに出してみましょう。捨ててしまうより、処分しやすいと思います。

 

ブランドもの服なら、古着屋に売ったりできますし、フリマアプリを使えば、誰でもインターネットで売ることができます。

 

地元で、バザーやフリーマーケットがあれば、活用してみるのも良いですよ。

自分の家の物だけじゃ少ない場合は、お友達と品物を出し合う事もできます。子供と一緒にフリーマーケットで、お店を出すのもなかなか楽しめます。

 

誰かに引き取ってもらえるだけも良い場合は、地域によって「譲ります」「譲って下さい」など、掲示板があったりします。

市町村が発行しているお便りをチェックしてみましょう。

 

 

私は、古くなってしまったヨレヨレのTシャツなどは雑巾にして使っています。使い古している布なので、吸収性もよく、掃除がしやすんです♪

 

服は分類しましょう

衣替えをする前に、衣類を分類していると、整理しやすくなります。

 

コート、上着、ボトムス、春秋物というように分けておきます。子供服も同様に分けておきます。

 

兄弟や姉妹がいる場合は、サイズをチェックして、上の子用・下の子用と分けていると便利です。

 

衣類の収納は透明のケースがおすすめ

段ボールを使っている人は少ないかも知れませんが、もし、段ボールで収納をしているなら、すぐ、ケースに移しましょう。

 

なぜなら、段ボールに入れて保管していると、カビがついたり、ダニやゴキブリなんかも住みついたりするからです。

透明のプラスチック製の箱なら、中が見えるので、取り出しも簡単になります。

 

衣替えの服は必ず洗いましょう

ただでさえ、億劫になりがちな衣替えですが、収納する前は洗濯しておきましょう。

 

目立たなくても、衣類に汚れが残っていると、黄ばみの原因になってしまいます。

しまいこんでしまう前に、しっかり洗濯して下さい。

 

服は縦にして収納する

衣替えの手間を省くには、衣類を取りやすくしてしまうのも方法です。

 

タンスなどに服をしまうとき、上に重ねてしまうことがあると思いますが、手前から奥へ、縦に並べるようにしまうと管理しやすくなります。

 

そして、しわくちゃにせずキレイに収納するには、タンスや引き出しの高さに合わせることがポイントです。

 

冬物の服を衣替えする時のたたみ方

かさばる冬物の衣類のたたみ方をご紹介します。

 

冬もの厚手のジャケット

(1)ファーやフードなどのアクセサリーがついている場合は、取り外せるものは、取り外してください。

 

(2)ジャケットを置いて、袖をクロスするように内側に織り込みます。

 

(3)ジャケットの裾部分を上に持ってきて、半分に折りたたみます。

 

(4)さらにもう一度、半分に折ります。(今度は、丸める感じで折ってください。)

 

(5)ジャケットの左右をひもで縛ると完成です。

 

トレーナー、ニット、Tシャツなどの上服のたたみ方

(1)上着の後ろを上にして、床などに置きます。

 

(2)肩の部分を左右を均等に、収納のサイズ通りに折ります。

 

(3)縦に半分におります。

 

(4)もういちど、同じ方向に半分におります。

 

ズボン

 

(1)まず、ズボンの左右の足を揃えて、半分におります。

 

(2)ウエスト部分から1/3におります。

 

(3)折ったウエストの部分を開きます。

 

(4)残りの裾から1/3の部分を、開いた所に差し込みます。

 

子供服のズボンや、ハーフパンツは、とてもコンパクトになるのでオススメです。

 

まとめ

衣替えの収納をキレイにするコツは、

  • 着なくなったもの、着ていない衣類は思い切って処分する
  • 虫がついたり、黄ばみができないよに洗濯しておく
  • 収納ケースを選ぶ
  • 出しやすいように分類
  • 出来るだけ、たくさんの服を入れれるようにたたむ

です。

お天気の良い日に、一気に洗濯をして衣替えをしちゃいましょう。

 

コメント