クリスマスツリーやオーナメントの片付け簡単キレイにしまうコツ!

片付け・収納

1年の終わりにワクワクできるイベント。クリスマスの準備はとても楽しいものです。忙しく過ごす時期でも、クリスマスの準備となると楽しい気持ちで取り組むことができます。

 

だけど、クリスマスツリーの片付けとなると、一気に面倒くさく感じてしまうんですよね。

 

忙しい年末だからこそ、クリスマスツリーはササッと片付けて、次のお正月の準備がしたいものです。

 

そこで、来年もキレイにクリスマスツリーを使えるように

  • キレイで簡単に収納するコツ
  • 収納する場所の工夫

をまとめました♪

 

クリスマスツリーを片付ける簡単なコツは入れ物で決まる

クリスマスツリーを購入した時は、紙の箱やダンボールに入っていることが多いです。

 

同じ箱にそのまま収納してしまえば、一瞬で片付けることはできます。ですが、あまりオススメできる方法ではありません。

その理由は、ツリーが入っていた紙の箱や段ボールというのは、虫を寄せ付けてしまうからです。

 

クリスマスツリー専用に、収納する入れ物を用意していた方が、虫がわかないように防げますし、キレイに整理しやすいメリットがあります。

 

クリスマスツリーにはサイズが色々とありますが、卓上用のような、小さなツリーならどんな収納方法でも構いません。

 

ただ、それ以上の大きなサイズのツリーは、次のシーズンもキレイに使えるように、丁寧に収納したいものです。

 

そこで来年も綺麗に使えるように、サイズ別でクリスマスツリーの収納方法をご紹介していきます。

 

クリスマスツリー小さいサイズの収納方法

1m以内に収まる、小さめのクリスマスツリーなら、プラスチック製の衣装ケースにすっぽり収めることができます。

 

ホコリがかぶらないように、フタ付きの収納ボックスがオススメです。ニトリや無印良品などなら、おしゃれで安いケースもあります。

ツリーの足の部分を考慮して、浅型よりも深さがあるボックスにしましょう。

 

クリスマスツリー大きいサイズの収納方法

人の背たけほどある大きなクリスマスツリーの収納方法をご紹介します。

 

小さいクリスマスツリーなら、プラスチックの衣装ケースなどでもすっぽりと収納することができますが、大きいものは袋タイプが便利でしまいやすいです。

 

ツリー専用の可愛い収納袋もありますが、お布団なども収納できる、多目的用の収納袋でも大丈夫です。

クリスマスツリーは、ある程度、分解してしまえるので、サイズに合わせましょう。

 

オーナメントを片付ける簡単なコツ

細々とした飾りが多いクリスマスツリーの飾りは、迷子にならないように片付けるのがコツです。

 

仕切りのある収納ケースを使うと、見た目もすっきりと片付けることができます。

 

場所をとらずコンパクトに収納したいなら、ジップロックのようなしっかりジッパーが付いていて、しかも中身が見える透明な袋に種類別に収納するという方法がおすすめです。

 

透明の保存袋なら、100均などでも入手できるので、オーナメントのサイズに合わせて購入するといいでしょう。

 

電飾ライト

クリスマスツリーのライトは線が長く絡まりやすいので、厚紙などに巻きつけてからプラスチックケースなどに収納すると綺麗にしまうことができます。

 

クリスマスツリーオーナメントを綺麗に収納するコツ

サクサク片付けたのは良いものの、次のクリスマス時期に、汚れたツリーだとガッカリします。

収納ケースや収納袋にしまう前に、誇りを払っておくことがポイントです。

 

長いお家だと、1ヶ月くらいクリスマスツリーを飾っていることもあります。そうすると、けっこう細かいホコリがついていたり、目に見えない汚れも付着しています。

 

ササッと掃除機でホコリを吸い取るのも良いですし、 外でクリスマスツリーをはたいて埃を落としても綺麗になります。

 

埃を落としたら、雑巾などで軽く拭いてから収納しましょう。

オーナメントや電飾ライトも同様に、固く絞った雑巾などで拭いてから収納しましょう。

 

クリスマスツリーやオーナメントの収納場所

どのお家も、収納スペースは限られていますので、工夫が必要になってきます。

クリスマスツリーやオーナメントの収納場所のアイデアをいくつかまとめていきますね。

 

押入れやクローゼット

定番の場所になります。

どこの家の押入れも、たくさん物が入っていると思いますが、意外と空きスペースは確保できますよ。

 

年末の大掃除などのついでに、押入れの中のものを一度出してしまい、クリスマスツリーを収納できるようにスペースを確保してしまうのも1つです。

 

ベットの下

ベッド下のスペースを、収納場所として活用している人は 多いと思います。

 

プラスチックの衣装ケースなど、形が決まってしまっているものは収納する時に苦労するかもしれませんが、ソフトケースならスキマに押し込んで収納してしまうこともできます。

 

ベランダに物置を設置する

ベランダのスペースを利用してみてはいかがでしょうか。

 

野外用の物置をベランダに設置して、その中にツリーを収納してしまうという手もあります。

ただし、夏場の物置の中はとても高温になるためツリーが傷んでしまう可能性もあります。

 

実家に預けてしまう

年に一度しか使わないクリスマスツリーなので、実家の空き部屋に置いてもらうという手もあります。

 

この方法は、実家が近くにあり、なおかつ気軽に荷物を預けれる関係性がないと難しいかもしれません。

ですが、実家にスペースがあり自分の家にスペースがない場合はとても便利です。ご実家に甘えてみるのもありだと思います。

 

クリスマスツリーやオーナメントの片付け簡単キレイにしまうコツ!まとめ

クリスマスが終わると、一気に場所を取る飾りに見えてしまうのは私だけでしょうか…(汗)

だけど、来シーズンも綺麗にクリスマスツリーを飾りたいですね。

 

そのためには、ホコリや汚れをおとしてから、ケースにしまうのがポイントです。

細かな飾りのオーナメントなどは、仕切りのついた入れ物や、ジッパーの付いた収納袋に個別にしまうと迷子になりません。

 

収納場所に関しては、大掃除のついでにいらない物を処分してスペースを確保するのも1つです。

クリスマスツリーは年に一度しか使わないので、少しくらいは奥まった場所に収納しても良いかと思います。

 

クリスマスが終わればは、お正月まですぐですね♪

我が家のクリスマスツリーもササッと片付けて、余裕を持ってお正月を迎えたいと思います。

 

コメント