リンツドールの値段!コストコと直営店の比較と口コミ

食材

リンツのリンドールチョコレートは裏切らない味といいますか、誰が食べても「美味しい」と思えるチョコレートだと思います♪

 

とくにコストコで販売しているリンドールなら、バレンタインチョコレートを大量に配るときにオススメなんですよ。

 

なぜコストコで売っているリンツのリンドールチョコレートが人気なのか?値段や口コミなども、まとめてみました。

 

リンツドールの値段コストコはいくら?

コストコで販売されているリンツドールチョコは約48コ(600g)のチョコが入っていて値段は「1,600円」前後というお得な価格です。

 

直営店では100g(8コ)で約486円ほどになりますので、単純計算「2,916円」となります。チョコの価格は味によって違うことがありますが、1粒あたり60円~70円ほどです。

 

値段だけを見ると直営店の方が高いですが、直営店では好きな味を好きなだけ選べる量り売りができます。

また、ハロウィーンやクリスマス限定商品もあるのでレアなリンツチョコを食べたいときは悩みそうですね。

 

コストコのリンツドールチョコは、アソートパックになっていてチョコの種類は限られてますが1粒あたり33円と直営店よりもかなりお得です♪

 

コストコのリンツリンドールチョコレートの特徴

スイスで誕生したリンツのチョコレートは150年の歴史があり、口どけのよいチョコレートとして世界中で愛されています。

 

本社はスイスにあるのですが、アメリカ・フランス・ドイツ・イタリアなど各地に工場があるので、安定して品質の良い状態を保ち生産されています。

そしてリンツリンドールは世界各国に300以上の店舗を持っていて、日本にも直営店があります。

 

直営店の他に、コストコ・成城石井・紀伊国屋・いかりスーパーマーケットなどで購入することが可能です。

なかでもおすすめなのは、コストコでの購入です。

 

日本のリンツ直営店で販売されているチョコはスイス製ですが、コストコで扱っているチョコは現在は「イタリア製」です。

 

チョコレートは各国によって特徴があるのですが、スイスのチョコレートと言えば乳製品を贅沢に使ったミルクチョコレートが特徴で、アメリカのチョコレートの特徴は食べごたえ重視と言われています。

 

イタリアのチョコレートの特徴はヘーゼルナッツがたっぷり使われているというのが特徴になります。

リンツのチョコレートでもこの特徴を楽しめるのではないかと思っています。

 

というのも、以前コストコで販売されていたリンツチョコはアメリカ産だったのですが、私的には美味しいのだけど少し香りが強く感じていました。

 

しかしイタリア産に変わってからはフレーバーも変わりましたし、まったりと溶けていくような…濃厚度が上がったように感じます。

 

香水で言えば、オーデコロンからオードトワレになったような…例えがヘタで分かりづらいかもですがそのように感じました。

ですが意識をして食べないと、細かくはわからないかな~?という感じに思います。

 

はっきりと言えることは、どちらのリンドールも文句なしで美味しいです(^^)

それよりもコストコで買うほうが、直営店よりも半額以下になるので値段的にも美味しいと感じます♪

 

美味しいのに安いとくれば、バレンタインで義理チョコや友チョコで大量に配るにもちょうど良いチョコレートなので利用しています。

 

コストコのリンドールチョコレートの内容量は?

コストコのリンツリンドールのチョコレートは、アソートになっています。

  • ホワイト(黄色)
  • ミルク(赤色)
  • ダーク(青色)
  • ヘーゼルナッツチョコレート(ブラウン)

 

以前入っていたブラックがなくなり、今は4つのフレーバーが600gも入っていています。個数にすると約50コぶんくらいです。

各味の個数にはバラツキがあります。

 

【原材料】
砂糖・植物油・ココアバター
カカオマス・牛乳・全粉乳
乳糖・脱脂乳・乳脂肪
ヘーゼルナッツ・大麦麦芽エキス・乳化剤(大豆由来)香料

 

チョコは全て二層構造となっていて、表面は少しだけ硬めのチョコレートでコーティングされています。

口にいれて軽く噛むと、中の方は柔らかいソフトタイプのトリュフチョコが詰められています♪

ふわっとひろがるフレーバーとチョコの甘みでいつもニヤけてしまいます(^^)

 

コストコのリンドールチョコレートが通販できる

近くにコストコが無い場合は、楽天の通販が便利で使えますよ♪

私が住んでいる近くにはコストコがありませんので、もっぱら楽天を使っています♪

 

リンツ直営店とコストコのリンドールは、スイス製とイタリア産という違いはありますが、とにかくコスパが良いのは嬉しいですね。

イタリア産じゃないリンドールが好みならば、リンツ直営店の購入をオススメします。

 

【備考】
こちらのショップのお届け方法は冷蔵ではなく「通常便」でのお届けとなっています。夏場は溶けている可能性もあります。

 

【保存方法】
リンドールのチョコレートは、15℃~20℃の涼しい場所で保管しましょう。

 

リンツのリンドールチョコレートは本当に人気なんだな~というのは、口コミをチェックするとよくわかりますよ。

 

リンツリンドールのチョコレートを買った人の口コミ

私も好きなチョコレートの1つですが、リンドールの口コミでは星が「4,70」という高評価で、とても人気なのがわかります。

 

チョコレートの個数や種類にバラつきがあると記載されていたので、少し心配でした。

ところが、各種類12個ずつ合計48個入っておりバランス良く楽しめます。

一度に食べるとカロリーが恐ろしいことになるので、1日2個くらいをゆっくり味わいたいと思います!

 

口コミを見てお得そうだと知り注文しました。配送が早くすぐに届き嬉しかったです。

とても美味しいチョコレートで良い買い物ができました(^^)

 

ママ
購入者さん

コストコで買うよりは少し高いですが、他のショップよりは安いのと、配送がとても早かったです!
リンツが大好きなので多分またリピします!

 

ママ
購入者さん

自宅から車で30分ほど行けばコストコがありますが、介護をしているため気軽に出かけることができません。

でもどうしても美味しいチョコレートが食べたくて、このショップで購入しました。

程よい大きさなので1粒でも満足できる美味しさでした。

リンツチョコレートとコーヒーで介護の疲れを癒やしています。

 

ママ
購入者さん

会社の方に配る用に購入しました。

4種類のチョコが48個入っていましたので、選ぶ楽しみもありました。

とても良いチョコレートでした。

 

口コミを見てみると、配送がとにかく早いショップなんだなと感じました。

他にもショップがありますので、ランキングを参考にしてみて下さい。

→リンドールチョコレートのランキング

 

私も会社のバレンタインのバラマキ用に購入したことがありますが、たっぷり入っているのと大きさがそこそこあるので1人2~3粒ずつでもちょうど良いです。

でもできれば独り占めして食べたいチョコレートです。

 

リンツドールの値段!コストコと直営店の比較と口コミのまとめ

リンツドールをコストコで購入すると、直営店よりもかなりお安く手にすることができます。

 

直営店ではチョコの価格は味によって違うことがありますが、1コあたり60円~70円ほどです。それに対しコストコでは、1コあたり33円ほどになりかなりお得です。

デメリットとしては、4種類のアソートになるので味を選ぶことはできません。

 

直営店とコストコの違いとして製造している国が違います。直営店はスイス製ですがコストコはイタリア製となっています。

 

コストコに行けない場合は楽天でもコストコと同じイタリア製の4種アソートタイプを購入することができます。

直営店よりいくらか安いですが、コストコに比べると高くなります。

 

リンドールを手軽に味わいたいならコストコが1番です^^

 

コメント