子供に絵本を読み聞かせる人気おすすめ10冊!0歳から園児にウケる絵本!

赤ちゃん・子育て

子供に読み聞かせてあげたい絵本を探していると、あまりにも種類がたくさんあって迷ってしまうんですよね…。

 

どんな本なら子供に良いのかわからなくて、ちょっとストレスに感じるママさんも増えているそうです。

 

私は、友人の子供の1歳祝いのプレゼントに絵本をと考えていたのですが、種類が多すぎて本当に悩みました^^;

同じ絵本をプレゼントしたり読み聞かせてあげるなら、やっぱり子供が食いつくような本を選びたいですもん。

 

読み聞かせる絵本は、子供を楽しませる目的と寝る前に読み聞かせる本とあるので、目的や年齢に合わせて、おすすめの絵本をまとめてみました。

 

また、マツコの知らない世界でも絵本をとりあげていたのですが、そこで紹介されていた絵本は子供がグイグイ食いつくウケの良い本だそうです。

 

また、自分の子供にピッタリ合いそうな絵本の探し方もあるので、合わせてご紹介します♪

 

0歳1歳2歳幼児に読み聞かせたい絵本おすすめ

ごぶごぶごぼごぼ

作者:駒形克己

 

「ぷーん」とか「ぷぷぷ」などの単純な音と、ハッキリとした色の丸を描いている何とも不思議な絵本です。

 

絵も音も不思議なのですが、グズっている赤ちゃんがピタッと泣き止み、とても食いつきが良い絵本だそうです。

 

この擬音は、お母さんのお腹の中で耳にした音に似ているんじゃないかと、マツコの知らない世界でも言われていました。

 

どんなイントネーションで読めばいいのか少し迷ってしまいそうですが、気にせずそのまま読んでOKです。

 

音で気をひいたら、綺麗な丸の絵がまた興味を惹きつけてくれやすい絵本になっています。

 

くだもの

作者:平山和子

くだもの



この「くだもの」という絵本は、離乳食が始まる頃から2歳くらいまでの子供におすすめです。

そしてこの絵本の特徴は、ものすごくシンプルです。

 

左のページには、季節のくだものが真ん中にドーンっと描かれています。

右のページには、くだものをカットした絵がのっていて「さあ どうぞ」と差し出されているだけの絵本です。

 

作者の平山和子さんは、季節の果物をとにかくリアルに、そして美味しそうに見えるようにこだわって丁寧に描かれています。

 

読み聞かせるポイントは、

手にとるしぐさをして、食べるフリをしながら「美味しいね~」「甘いね~」と語りかけながら読むと食いつきがさらに良くなります♪

 

絵本でまねっこしながら、食べる楽しさを覚える絵本になっています^^

 

幼稚園3歳4歳に読み聞かせたい絵本おすすめ

これはのみのぴこ

作者:谷川俊太郎




これはのみのぴこ

この絵本の内容は、ちいさなノミのぴこから、色んな人と巡り合ってノミのぷちに繋がるお話です。

幼稚園くらいの子供にぴったりです。

 

どんどんどんどん名前が連なっていく感じで、言葉遊びのような本です。

4ページくらい読み聞かせて進むと、子供も覚えてしまって思わず一緒に声をだして喋りたくなる楽しい絵本になっています。

 

後半は息継ぎが大変になってきますが、盛り上がる絵本です^^

 

おいしいおと

作者:三宮麻由子

おいしいおと



この絵本は、ごく普通の食べ物の音を表現しているのですが、どれもすごく不思議な音なんです。

 

音の表現が不思議な理由は、全盲のエッセイストでもある三宮さんが食べたときに聞こえる音を表現しているそうです。

 

どの食べ物も独特なオノマトペなのですが、絵はキレイなので、子供にとっては興味深く食いつきの良い絵本になっています。

 

「この野菜はどんな音がするかなぁ?」と子供にたずねながら読み聞かせていくと楽しめます。

 

オニのサラリーマン

作者:富安陽子 編集:大島妙子

 

タイトルも絵もすごくインパクトのある絵本「オニのサラリーマン」は、地獄で働くオニのサラリーマンのお話しです。

 

厳しい社会に翻弄されるサラリーマンのお父さんのお話なのですが、なんと「関西弁」になっているんです。

 

内容からして一見、子供には向かないお話しに思えるのですが、幼稚園くらいの子供でも食いつきが良い人気の絵本になっています。

 

関西弁でやりとりする会話が、どうも柔らかくコミカルに聞こえるようです。

また、大島妙子さんのイラストも良い味を出していて、親子で楽しめる絵本になっています。

 

子供に読み聞かせたい歌絵本おすすめ

ただ絵本を読んで聞かせるのではなく、歌って聞かせる絵本をご紹介します。

 

パンツのはきかた

作者:岸田今日子

 

この「パンツのはきかた」は、女優・声優で活躍していたあの岸田今日子さんが作った絵本です。

 

可愛い子豚ちゃんが一生懸命パンツをはいているお話なのですが、トイレトレーニング中の子供にピッタリな内容の絵本です。

 

楽しく歌いながら聞かせてあげるのがポイントの絵本です^^

パンツのはきかたの歌はユーチューブ動画にもありました。

 

どんぐりころちゃん

作者:みなみじゅんこ

どんぐりころちゃん



わらべ唄のどんぐりころちゃんが絵本になっています。

歌にあわせて絵本が進んでいくので、歌って踊って盛り上がる絵本になっています♪巻末には、赤ちゃんとママが一緒に歌える遊び方が載っていますよ。

 

どんぐりころちゃんの歌

 

寝る前に読み聞かせたい絵本おすすめ

絵本の読み聞かせは、子供がすんなり眠るためにもピッタリです。

 

もうねんね

作者:松谷みよ子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

もうねんね (松谷みよ子あかちゃんの本) [ 松谷みよ子 ]
価格:770円(税込、送料無料) (2020/5/27時点)

楽天で購入

 

 

眠たくてしかたない動物たちが出てくるおやすみ絵本です。

この絵本は、0歳から読み聞かせているママも多い人気の絵本になっています。

 

「ワンワン」「ニャン」動物の声や「おめめつぶって くうくう ねんね」というような、単調で繰り返しの言葉がリズミカルに出てきます。

 

それが心地いいリズムになって赤ちゃんも寝付きやすい効果があるようです。

眠れなくても、やわらかい動物の絵を見て、パパやママの優しい読み聞かせてあげれば、リラックスできる絵本になっています。

 

おやすみ、ロジャー

作者:カール=ヨハン・エリーン

 

この「おやすみ、ロジャー」は、10分で寝かしつけができる!と、話題になった絵本ですね(^^)

1歳児から大人まで、すやすや眠りにつくことができる不思議な絵本です。

 

寝付きが悪い時期に、実際に大人の私も、この絵本の朗読を聞きながら眠りに付いていることがありました^^;

 

なぜ眠ってしまう効果があるのかというと、行動科学者が心理学的な要素を、絵本に盛り込んだからです。

「読み方の手引き」というのが冒頭で説明されてて、お話の中についつい寝てしまうような仕掛けがたくさん散りばめられています。

 

最後まで読むと30分くらいかかる長いお話なのですが、大人の私でも聞いていると10~15分くらいでスヤスヤと寝てしまうことが多かったです。

 

おやすみ、エレン

作者:カール=ヨハン・エリーン

 

10分で眠りについてしまう読み聞かせ絵本「おやすみ、ロジャー」の第二弾になります。

ロジャーはウサギでしたが、エレンはゾウのお話です。

 

前作よりさらにパワーアップして眠くなる仕掛けがあるのですが、絵も良くなっています。丸くて可愛い動物のイラストになりました。

 

32ページという、ロジャーと変わらず長編になっているので読み聞かせるには大変ですが、効果を感じているママは多数います^^

 

読んでいる親のほうが寝落ちしそうになる絵本なので、家事などを済ませてから読むのがポイントです。

 

1歳児にプレゼントした読み聞かせる絵本

友人の子供の、1歳のお祝いに贈った絵本は、口コミ評価がよかった「だるまさんが」という絵本です。



ちょっとゆるい表情のだるまさんが転げたり、伸びたり縮んだりするお話しなのですが、口コミ通り1歳の子供にはバカウケしていました♪

 

絵に合わせて、ひょうきんに読んであげるというコツは必要ですが、この絵本を選んで私は正解でした。

ちなみに、プレゼントした絵本は昼用に「だるまさんが」と夜用に「おやすみ、エレン」の2冊になります。

 

 

自分の子供に合いそうな絵本を探すのは難しいかも知れませんが、めっちゃ参考にできる便利なサイトもありますよ♪

ココ→絵本ナビ

0歳~大人まで楽しめる絵本、ランキング、プレゼントに人気な絵本などなど、色んなカテゴリーで分けられているので、条件に合わせて探しやすいです。

 

それに「絵本ナビ」では、絵本の試し読みが可能なので、チラッと絵本の中のチェックもできるんです♪

なので、満足する絵本が見つかりやすいです。

 

絵本って、めちゃめちゃたくさんありますので、他にも探してみたいときはお子さんと一緒に試し読みしながら探してみるのがオススメです(^^)♪

 

おわりに

マツコの知らない世界で紹介されていた、赤ちゃんが食いつくウケが良い、読み聞かせにピッタリな絵本と、私もおすすめしたい絵本を合わせてまとめてみました。

 

たくさん絵本があり迷ってしまいますが、お気に入りが見つかれば嬉しいです。

 

コメント