ダイソーアイデアノート超おすすめ!マトリクスとマンダラチャート使い方アイデア集

買った物

ダイソーにある、SMART WORKINGというシリーズの「アイデアノート」が超おすすめなんです♪

 

だいぶ前から話題になっていたようなのですが、私はまったく気づかず…最近になってこのアイデアノートの存在に気づきました(汗)

アイデアノートに気づいた瞬間、一目惚れして即買いです♪

 

このアイデアノートは、

「マトリクス」「マンダラチャート」の2種類ありまして、ビジネスに使えるのはもちろん、日常生活でも活用できるノートになっています。

 

ノートのサイズや中身の紹介と合わせて、ノートの活用方法もまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ダイソーアイデアノート超おすすめSMART WORKINGの中身

ダイソーのアイデアノートは「マトリクスノート」「マンダラチャートノート」の2種類展開になっています。

 

ノートと呼んでいますが、正式には「メモパッド」という部類のようです。メモパッドなので、ぺろ~っと綺麗に1枚ずつはがすことができますよ。

 

サイズ:A5
ページ数:40枚

ダイソーのマトリクスノート

では、マトリクスのノートからご紹介します。

撮影が下手っぴですみません(汗)表紙は「黒」になります。

 

表紙をめくると、使い方が載っています。

 

しっかりした白い紙に、縦軸と横軸が書いてあり、ドット方眼になっています。

線の色はちょうどよいグレーになっていて、オシャレです♪

 

ダイソーのマンダラチャートノート

続いて、マンダラチャートノートのご紹介です。

光の加減で見えにくくなっていますが、マンダラチャートの表紙は「グレー」になっています。

 

表紙をめくると、マンダラチャートの使い方が載っています。

 

しっかりした白い紙に、9マスの枠とメモ欄が印刷されています。

線の色は、私の目には薄いグレーに見えています。よーく見ると何となく、すごく薄いモカにも見えるのですが…(汗)きっとグレーです。

 

マトリクスノートも、マンダラチャートもシンプルな作りになっているので、仕事・学校・男性・女性問わず誰にでも合うデザインなのも気にいってます♪

 

また、このノートは自由度がとても高くて、好きに使えるんですが…自由すぎてどう活用すれば良いのか迷ってしまうことも…。

 

そこで、2つのアイデアノートの書き方やアレンジ方法を調べてみました!

 

まずはマトリクスノートの書き方とアレンジ方法

マトリクスのメジャーな使い方といえば「7つの習慣」にある「時間管理のマトリクス」かと思います。

 

昨年使っていた手帳が「フランクリンプランナー」だったのですが、その中で知ることができました。

 

この時間管理のマトリクスは、マトリクスの中でも基本的な型だと思います。

 

優先順位をつけることができるので、

  • 本当に大切なことは何か?
  • やらなくてもいい事は何か?

というのが見えてきやすくなります。

 

けど他にもマトリクスでできることはあり、

  • 思考を整理するとき
  • 俯瞰的に物事を確認したいとき

というように、頭の中の情報をスッキリ整理させたい時や、何か分析したい時にとても便利です。

 

マトリクスを使ってどんな分析ができるのか調べてみると、色んなアイデアがありました♪

いいな~と思ったものをまとめています。

 

SWOT分析

この「SWOT(スウォットまたはスワット)分析」は、経営戦略やマーケティング戦略の立案などに活用されるフレームワークです。

 

  • 自社の強み(Strengths)
  • 弱み(Weaknesses)
  • 外部環境の変化としての機会(Opportunities)
  • 脅威(Threats)

を列挙し、相対的に比較する方法です。

 

私は今のところSWOTを使う機会がなさそうですが、個人でお仕事している人には活用できそうですね。

 

例えば、

  • ハンドメイドの商品を売っている
  • メルカリなどでお小遣い稼ぎしている

など、SWOT分析なら個人でもしっかりと戦略を立てていけそうです♪

 

ドリームマップ

ダイソーのマトリクスノートなら、自己実現のための目標設定として人気のあるドリームマップにも活用できます♪

 

 

本気のドリームマップを作るとしたら、このダイソーのアイデアノートじゃ小さいと思うので、半年の目標設定や月間目標などにちょうど良いと思います。

 

まだまだ使い方は模索中ですが、私の場合は次の画像のように「やることリスト」として簡単に使っています。

 

ただ4つのエリアに分かれているだけのノートですが、とても奥が深いです。自分の好きなように使えるノートなので、いろいろ楽しく使ってみてます♪

 

次にご紹介するマンダラチャートも奥が深いですよ^^

スポンサーリンク

マンダラチャートノート例と活用方法

「マンダラート」または「マンダラチャート」と呼ばれている9マスの枠ですが、これまた便利なんですよ♪

 

大谷選手が目標設定に使ったことで有名になりましたが、目標設定だけで使うのは勿体無いです。このマンダラチャートも、ビジネスだけではなく普段の日常でも使うことができます。

 

どんな感じでマンダラチャートを活用すれば良いのか、こちらもアイデアが色々とありました♪

私の普段使いと合わせてご紹介します。

 

目標の設定に使える

マンダラチャートの9マスで、年間目標や月間目標の設定に使えます。

 

それぞれについてもっと細かく書き出したいときは、横のメモ欄に記入しても良いですし、新しいページに記入することもできます。

 

タスク管理に使える

9マスの使い方は自由なので、項目を分けてやることリストとして使うこともできます。

手帳の代わりに、1週間のスケジュール管理やタスク管理にも使えますよ♪

 

ほかには、1週間分の献立表にしても使い勝手が良さそうです(^^)

私は、大掃除の時期に、掃除リストとしてマンダラチャートを使っています。

 

こうやって見ると、マンダラチャートノートは主婦にもピッタリなノートと言えるかもです♪

もちろん、ビジネスにも使えますよ!

 

アイデア企画マーケティングに使える

マンダラチャートは、ブレインダンプのように、頭の中のアイデアを書き出すことにとても向いています。

 

アイデアを出すだけではなく、マンダラチャートは色んな使い方ができます。

 

例えば、私がよく使うのは

  • ブログのテーマ決めとスケジュール
  • キャッチコピーを作る

 

各マスにブログのテーマと、見出しをあわせてメモをしておきます。そうすることで、何を書こうかな~と悩まなくても良いんです^^

 

他には、

  • 商品に合うターゲット設定
  • A商品のメリット出し
  • A商品のデメリット出し

などなど、ビジネスにピッタリなんですよ^^

 

例えばの画像ですが…

「ダイソン掃除機を使う人はどんな人か?」というのを書き出しています。

サンプルなので、適当に書き出してみたので何とも言えませんが、マーケティングで使うイメージになります。

 

いかがでしょうか^^

マトリクスノートもマンダラチャートノートも使い方は無限大だと思います。

 

どちらか好きな方のノートでもかまわないのですが、私が2冊持ち推奨派です。

マトリクスとマンダラチャートのベストな使い方まとめ

マトリクスは、物事を俯瞰的に見たいときに便利なものです。

そして、マンダラチャートは頭の中の考えを外に出すことが得意なツールです。

 

この2つのツールをさらにあわせて使うと、もっと便利になります♪

 

ベストな使い方は、

  1. 先にマンダラチャートで色々と書き出していきます。
  2. 次にマトリクスを使います。

 

例えば、3ヶ月後や来年の目標設定をするとします。

マンダラチャートで色々と書き出した事をマトリクスにあてはめて、優先順位を付けていきます。

 

必要か必要じゃないかなどと区別するのも良いですね^^

 

あとは手帳などに記入して進めていくだけです♪

 

どちらか1つでも良いのですが、2つ合わせたほうがもっと頭の中の整理にピッタリだと思います。

 

ダイソーのノートなら綺麗にマンダラチャートやマトリクスが印刷されていますし、紙もしっかりした作りになっています。

 

また、どちらのノートもメモ帳タイプなので1枚1枚はがすこともできるんです。私の手帳はA5サイズなので、手帳に挟んで持ち歩くこともあります。

 

ダイソーのアイデアノートが感動しすぎて、ちょっと熱く語ってしまいましたが参考になりましたら幸いです(^^)

 

コメント