ひな祭りの工作で幼児にもできる簡単ちらし寿司の作り方!

工作

3月3日のひな祭りと言えば、ちらし寿司が定番です。

2歳の幼児にも簡単にできた、ちらし寿司の工作をご紹介します!

ぜひ一緒に作ってみてください^^

 

ひな祭りの工作で幼児にもできる簡単ちらし寿司の作り方

【用意した物】

  • ちらし寿司の容器(スーパーで買ったお刺身の容器など何でもOK!)
  • フラワーペーパー(白、赤、ピンク、黄色)
  • 画用紙(オレンジ、黒)

100均で揃う物ばかりですが、折り紙で代用することもできます。

では作り方に進みます^^

 

<1>

ちらし寿司の容器に、ご飯を盛り付けます。

ごはんの部分は白いペーパーをクシャクシャっと軽く丸めて乗せます。

 

その上に、さらにもう1枚ペーパーを乗せてあげるとよりキレイに仕上がります。

※クシャっと丸めてからもう一度広げた方がご飯っぽいです。

このようになります。

 

<2>

ご飯の上から、ピンクのペーパーを適当に丸めて桜デンブを盛り付けます。

 

 

<3>

次は、赤いペーパーを小さく丸めてイクラを盛り付けます。

 

<4>

次は、錦糸卵を乗せましょう。

黄色いペーパーを細長く捻るようにして作ります。

※両手の平で挟むようにネジネジして細長くすると簡単です。

 

<5>

最後にニンジンと刻み海苔を乗せます。

今回はオレンジと黒のペーパーがなかったので、画用紙をハサミで切って作りました。

折り紙を手でちぎっても良いと思います^^

 

これでちらし寿司の完成です♪

 

アレンジ

このままでも楽しく工作はできたのですが、もう少し子供のテンションを上げたいと思い、子供がお気に入りにしている、ピカチュウのお皿を使ってみたいと思います。

 

このお皿を使って、ピカチュウのキャラちらし寿司を作ってみました。

イメージしていたのとは違ってしまいましたが・・・

ピカチュウらしくなるように、錦糸卵を多めに飾りつけてみました。

 

まとめ

最後のピカチュウちらし寿司はいらなかったですね^^;

ですが、作っていて楽しかったです。

 

ペーパーをくしゃってしたり、色紙をちぎったりねじったりするだけなので、2歳でも簡単に作れました♪

 

まだ2歳だとちらし寿司がわかっていないので、あまり興味はありませんでしたが、工作そのものは楽しんでくれました。

白いご飯の部分は、手芸用の綿を使ってもご飯っぽく仕上がりますよ。

 

今回のピカチュウキャラちらし寿司は、あまり可愛くできませんでしたが、お気に入りの器に飾りつけるのはおすすめです。

 

一緒にひな人形も手作りすると、さらにひな祭り感がアップします♪

ひな人形の工作は紙皿で簡単!可愛いお雛様とお内裏様の作り方

ひな人形の工作を紙コップで作ってみた!紙コップ雛人形の作り方

 

コメント