布団の干し方は季節で時間が違うよ!夏と冬にピッタリな干し方とは?

家事

布団を敷きっぱなしにはしていませんか?

きっとTVなどで聞いたことがあるかと思いますが、人は寝ている間にも、たくさん汗をかいています。

その量だいたい、200mlほどの汗だとか!

 

その毎日使っている布団を放っておくと・・・

  • 布団がくさくなる
  • ダニが住みつく
  • カビが生える
  • 殺菌がつく

なんて事になります。

 

実はむかし、私もやらかしています。布団をめくったらカビだらけになってしまったことが…。

ダニやカビなんて、体に悪いだけです。

 

これらの原因は、布団を干すことで解消されます。

ですが布団を干すには、夏や冬の季節に合わせて最適な時間というものがあります。また、ただ干せば良いというものでもありません。

 

布団に最適な干し方を知ることで、ジメジメからフカフカなお布団にすることができます♪

 

布団干しに最適な時間帯と干す長さとは?

布団干しは、

 

お母さん
お母さん

天気の良い日に、

まず布団を叩いてから

長い時間しっかりと干していれば良いんでしょ?

 

なんて思っていました。

きっと、私と同じようなやり方でお布団を干している人は多いと思います。

 

だけど、季節や布団に合わせて、干し方を変えるのが大切だったんです。

そして布団干しには最適な時間帯というのがあります。

【布団干しにベストな時間帯】

に布団を干す場合:午前10時~午後12時頃まで
に布団を干す場合:午前10時~午後2時頃まで

 

これを最初に知ったときは驚きでしたが、夏場も冬場も、布団を干す時間はけっこう短いんです。

 

理由は、この時間帯の太陽は光が強く、布団の殺菌に最適だからです。また朝早い時間や夕方よりも、湿気が少ないので布団干しに向いています。

 

注意して欲しいのが、天気が良くて時間帯もピッタリだとしても、湿度が40%以上なら布団干しは止めたほうが良いでしょう。

 

雨が降った次の日や、梅雨時期の晴れ間などは湿度が高めなので気をつけて下さい。

 

布団を干す時間の長さは素材で変わる

布団の干す時間の長さは、布団の中身の素材にによって変わります。基本的には、30分から4時間ぐらいで大丈夫です。

 

素材 頻度 冬期に干す長さ 夏期に干す長さ
綿布団 週2回 3時間~4時間 1時間~2時間
合繊 週1回 2時間~3時間 1時間~1時間半
羊毛 月2回 2時間 1時間
羽毛 月1回 1時間 30分間

 

綿布団の特徴

綿のお布団というのは、水分を吸収しやすく、熱がこもりやすいのが特徴です。

また、綿には油が含まれているのですが、その油が飛んでしまうと布団が傷んでしまう原因になります。

 

綿布団の場合、汗を吸い込みやすいので、こまめに干すことをおすすめします。ただし、夏の強い日差しの中で干すときは、油分がとびやすいので時間などで調整しましょう。

 

合繊(ポリエステル)布団の特徴

合繊(ポリエステル)布団の場合は、水分を吸収しにくく蒸れにくい素材です。軽くて安くて扱いやすいのも特徴という優秀な素材です。

 

水分をほとんど吸収しない素材ですので、日陰干しでも効果がありますし、短時間でもOKです。

 

羊毛(ウール)布団の特徴

羊毛は、体からの水分を吸収すると、空気中に発散するので、夏場でも気持ちよく使える素材です。

だけど、羊毛(ウール)は保温性にすぐれているのも特徴です。

 

羊毛布団を干す場合は、布団カバーを付けたまま片面1~2時間ほどでOKです。

 

羽毛布団の特徴

水鳥の羽を使用した羽毛布団は、軽くて保温性も高く、また湿気を逃してくれるので、いつも爽やかなのが特徴です。

 

羽毛布団は湿気がたまりにくいので、月に1~2回、両面2時間~4時間くらいでじゅうぶんです。

 

カラッと晴れた中で干すのが理想ですが、陰干しでも大丈夫です。

 

ふんわり仕上げる布団の干し方

裏返しして両面を干しましょう

敷き布団も掛け布団も、両面を干すようにしましょう。

 

綿の敷き布団なら、しっかり目に干したいところですが、だいたい1時間くらいでひっくり返せば、まんべんなく乾燥させることができます。

肌に触れる面は、しっかり干すようにするのがポイントです。

 

布団のカバーはそのまま

羊毛(ウール)や羽毛布団の場合はとくにですが、布団カバーを外して干すと、元の布団生地が日焼けをして傷んでしまいます。

 

それを防ぐためにも、カバーをつけたまま干すのがポイントになります。

 

布団叩きはしない

昭和生まれの私は、子供の頃は布団は叩く物だと思っていましたが、実はダメな行為なんですね。

 

布団とパンパン叩けば、中からほこりが出てキレイになると思いがちですが、じつは繊維がつぶれているだけなのです。

 

しかも、布団の中に潜むダニが粉々になるだけになるので、良いことはありません。干した後、布団を叩くと、乾燥したダニが砕けやすいので注意が必要です。

 

正しくは、布団叩きで表面を左右になでるだけでいいのです。

私は、100均のホウキを布団用にして、軽くなでるようにササッとほこりをはらっています。

 

布団のダニ対策

残念なお話ですが…布団をほしたところで、ダニは完全にはやっつけられません。ダニを死滅するには、50度以上の熱が必要だそうです。

 

布団をたたいても、もちろんダニは出ていきません。先にもお話しましたが、叩けば叩くほどダニが砕けてしまいます。

 

ダニ対策として布団を干す場合は、黒い布かビニール袋をかけて、天干ししてください。

干した後は、布団の両面に掃除機をかけてダニを吸い取るだけです。

 

もっとしっかりダニ対策をしたい場合は、定期的にお布団の丸洗いをする手もあります。

 

干した後は片付けない

干した後の布団は、ポカポカとして温かい状態になっています。

その温かいうちに片付けてしまうと、押し入れの中が湿気ぽくなり、ダニが発生するおそれがあります。

 

布団を取り込んだら、しばらくは冷ますように置いておきましょう。

 

最後に

布団の干し方についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

 

私はアレルギー体質で喘息持ちなのですが、間違ったやり方で布団を干していたことに、ゾッとしました。

 

布団には、湿気が大敵ということで、とにかくしっかり布団を乾かすことが重要になります。

 

天気が悪い日が続いていたり、仕事が忙しくてなかなか外に干せない場合は、室内干しでも良いので空気を通して乾かすようにしましょう。

 

布団を掃除機で吸うのは、ダニ対策にも有効です。

梅雨時期などは、椅子に布団を引っかけて湿気をとってから、掃除機をかけています。

 

除菌のことも意識するなら、紫外線が付いているレイコップが良さそうです。

>> レイコップ公式オンラインストア

 

コメント